カットソーの意味とは|シャツとの違い

カットソーの本来の意味とは

カットソーの言葉の意味をご存知ですか?

 

一昔前は聞いたこともありませんでしたが・・・

最近ではカットソーって言葉、ファッション関係のお店では、

かなり使われるようになりましたよね?

 

メンズ・レディースのカットソー、

タートルネックや、ハイネックのカットソー。

実に多種多少なカットソーがあるわけですが、

着てる本人が、

このカットソーの意味を知らない事が、

往々にして多いです。

 

このサイトでは、

カットソーに纏わる言葉の意味から雑学まで、

分かりやすい形でまとめてあるので、

参考にしていただければ幸いです。

 

 

カットソーとは、衣服の総称

衣服の代表と言えば、「シャツ」ですが、

カットソーはこの「シャツ」という言葉に対応して作られた言葉と言っても、

過言では無いでしょう。

 

シャツと言うのは、

平織りなどの布生地をベースに縫い合わせて作られているのに対し、

カットソーは全く別の作られ方をしています。

 

カットソーの語源は…

 

  • カット(裁断)
  • ソー(縫製)

 

この2つの単語から来ています。

ニット素材を裁断し、縫製をして作られた服の総称の事です。

カットソーの分類としては、Tシャツやキャミソール、

タンクトップやポロシャツなどがありますね。

 

Tシャツは「シャツ」という言葉を使ってはいますが、

ニット素材を裁断し、縫製をして作られたのならば、

それは紛れもないカットソーです。

 

布を裁断して、布端のほつれ防止としてミシンを使って縫製するのですが、

とっても作るプロセスが簡単なため、多種多様なデザインが実現でき、

オシャレな衣服として親しまれています。

 

最近では、このカットソーが発展した形で、

スウェットやトレーナーという機能性重視の衣服も生まれてきました。

完全に機能重視ですが、これらの衣服は裏側がループ状になっていて、

吸汗作用が強いため、パジャマやスポーツウェアにはうってつけという訳です。

 

 

こだわりのカットソーを探す

カットソーの意味を理解したら、

次はお気に入りのカットソーを探しに出かけましょう。

ユニクロ無印に行けば、とってもシンプルで、

着回しの効くカットソーがたくさん置いてあります。

 

カットソーの形にしても、七分袖やロング等、

袖の長さを変えることもできますし、

インナーにするか、そのまま外に見せるのかでも、

選ぶべきカットソーは異なってきます。

 

カットソーを上手に着こなしたいなら、

まずはセオリーとして無地のカットソーを買うのが無難かもしれません。

カットソーを通販で安く買うことも可能です。

 

日本最大級のネットショッピングモール、楽天ショッピングで

「カットソー」と検索をかけてみると、

商品が安い順にあなたのパソコン画面に表示されます。

 

探せばあなたに合った、

きっと素敵なカットソーが見つかりますよ♪

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

4?24????NEWS

iPad?????1500?????
??PC????? 2010??????16.8??????