東京電力の電気料金|首都圏は東京電力

お使いの電力会社の電気料金はご存知ですか?

自分が契約している電力会社はご存知ですか?

ちなみに、東京電力は、首都圏1都7県(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県)、

静岡県の富士川以東の地域(芝川町内房地区を除く)を独占的に事業地域としています。

1都7県も事業地域というのはすごいですね。

 

自分が契約している電力会社のホームページを、

見たことがないという方は是非確認してみましょう。

というのも、電力会社のホームページには、

その人の生活にあわせた電気料金のシュミレーション計算が出来たり、

電気代の節約技などが載っていたりします。

自分が契約している電気代のしくみは、きちんと把握しておきたいものです。

以下が各電力会社のホームページになります。

 

 

電気料金の仕組み

それでは、電気料金はどのような仕組みになっているのかを説明します。

東京電力の電気料金をはじめとする、電力会社の電気料金は、

まず、基本料金があり、電力会社ごとに

  • アンペア制
  • 最低料金制

の2つの仕組みがあります。

 

東京電力では、アンペア制で電気料金が設定されており、

契約しているアンペア数に応じて基本料金が設定されています。

アンペア制に関しては、東京電力の他に、

北海道、東北、北陸、中部、九州の電力会社で設定されています。

一方、最低料金制とは、

アンペア数に関係なく設定されており、一定の使用量までは基本料金、

それを超えた量には従量料金が加算していく仕組みです。

関西、中国、四国、沖縄の電力会社で設定されています。

 

契約アンペアとは一度に使用できる最大の電力量のことで、

契約アンペアごとに料金が設定されています。

 

 

電気料金の節約

一度に使用する最大の電力量を計算して、

今の契約量だとかなり余裕がある場合は、

契約アンペア数を下げて基本料金を節約することをおすすめします。

1kW(1000W)=10A

で計算しなおしてみるとわかりやすいかと思います。

1kwhとは1kw(電力)h(時間)のことで電力使用量1時間分をさします。

50kwhなら50時間分の電力量ということになります。

自分の電気の使用量と契約している内容を見直してみるのいいでしょう。

また、最近は、オール電化エコキュートなどの、

省エネに対応した商品もでてきていますので、

業者をしっかり選んで、導入するのもいいでしょう。

 

また、東京電力他、各電力会社では、

電気料金の支払い方法によっても節約できます。

支払い方法には、口座振替・クレジットカード支払い・振込みの3つの方法があり、

口座振替には、1ヶ月50円が割引になるサービスなどがあるのでおトクです。

また、クレジットカード払いで、毎月の電気料金をクレジットカード会社が立替払いする方法もあります。

東京電力 Switch! カードなら電気料金をはじめとする、

幅広い公共料金のお支払いでポイントがたくさん貯まります。

オール電化のお客さまはさらにポイントが貯まっておトクです。

 

あまり、じっくり電気料金の明細表を見たことがない人は、

一度確認することで、おもわぬ節約ができるかも。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

10?19????NEWS