東京大学の偏差値|東大を受験して合格するには?

東京大学の偏差値は?

大学受験を経験したことのある人、そしていま大学受験に向けて勉強している人にとって

偏差値という単語は聞きあきるぐらい耳にしている単語だと思います。

時に恐怖さえ覚える単語ですよね。私も実際、受験を経験して、若干の恐怖を覚えました。

 

偏差値というものは実際の順位を表わす数値ではなく、

全体の中での相対的な位置を表すものと簡単に考えておけばいい値です。

自分の行きたい大学の偏差値というのは細かいことを言えば、

模擬試験ごとに変化します。

 

また、大体の値として年間を通じて出されている偏差値というのも、

予備校によって異なるため、絶対的な指標にするのはすこし考えものです。

しかし、今の受験のなかでは、

偏差値を目安にして日々の勉強を進めているので大事な値であるのは確かです。

ちなみに東京大学の偏差値は、毎年70〜80程度を動いています。

 

 

東京大学に合格するには?

私も、受験生の時、東京大学を目指していました。

医師になりたかったので、目指せ理科V類という感じで猛勉強をしていたわけですが、

残念ながら今東京大学の学生にはなれていません。

 

東京大学の偏差値は、

類によってかなり変動がありますが、大体70〜80という値が出てきます。

すべての科目全体の偏差値としてこの値を出すためにはかなりの努力が必要ですね。

得意科目だったら、70以上の偏差値がとれるのだけれどという人はいるでしょうが、

すべての科目の合計はなかなかそう簡単にこの偏差値を出すことはできません。

 

最近では、東京大学に合格した人たちのノートをデータ化して、

出版しているものもあるようですが、

東京大学に入学する人たちに共通する何かがあるのかもしれませんね。

 

 

東京大学の魅力

私が東京大学に感じた魅力は、一般教養の充実でした。

やはり東京大学。日本の国立の大学の中心といえるその場所に集まる人というのは

生徒であれ、教育者であれ一流で、そこで学ぶことのできる学問は幅広く、

そして一つ一つが深いものなのではないかと感じていました。

 

東京大学は明治10年に東京大学として設立されたわけですが、

それ以前にもその先駆けとなる教育組織が貞亨元年から発足しています。

その歴史は本当に長く、安田講堂や赤門など東京大学を象徴し、

さまざまな思い出の詰まった建物が関東大震災にも東京大空襲にも負けず、

残っていることもまたその魅力なのではないでしょうか。

 

確かに東京大学の偏差値は高く、

受験生にとって狭き門をくぐることになる東京大学ですが、

その苦労はきっと無駄にならずに、

何かの形で将来を明るく照らしてくれるものだと思います。

 

東京大学の入試問題は、とても斬新で面白く、

知識よりも応用力を引き出してくれるそんな問題です。

それからも感じ取ることができますが、

自分の中でまだ形になっていない何か?

を引き出してくれる、そんな大学なのかもしれませんね。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

???ard?????????lack????????????????????????????????????????????????????????????irm?????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

12?12????NEWS