ほぼ日手帳の使い方|カスタマイズ可能な人気手帳

ほぼ日手帳の使い方は自由自在

ほぼ日手帳は「生活をたのしむ道具」をめざして開発された手帳です。

糸井重里さんから生み出されたこのアイテムは

ユーザーの意見を取り入れながら、

手帳としての使いやすさを考え、改良・進化していっています。

 

「たっぷり書ける」ことが最大のポイント。

よくみかける手帳は書くスペースがあまりなく

書きたいことも省略して書くしかありません。

ほぼ日手帳はスペースがたくさん。

1日1ページを採用しています。

 

毎日の予定の他に、思い出に残しておきたいこと、

気に入った雑誌や新聞の切り抜き、自分で撮った写真、

スクラップブックのようしてみたりで自由自在です。

 

 

ほぼ日手帳の特長

 

この手帳に使われている紙は、

裏うつりしにくく、薄くて軽く、すらすら書き込みやすい等の

特性を持ってる紙と言われる「トモエリバー」を使用しています。

何かと毎日書き込むことが多い手帳にとって大切なポイントとなっています。

 

革カバーは、たくさんのポケットが付いており、

免許証やクレジットカード、保険証、パスポートや

ばんそうこう、切手まで詰め込めるスペースが設けられています

 

ほぼ日手帳,使い方

 

外見や内面のデザインにも凝っており、

方眼の目ひとつ見ても何年も積み重ねた試行錯誤が伺えます。

 

日々の言葉が載っている

 

1日ページの下の欄に載っている毎日365日分の選りすぐりの名言や迷言の言葉

「ほぼ日手帳」の欠かせない人気のひとつです。

電車の中や、待ち合わせの退屈な時などにふと読んでみましょう。

 

ちょうどその日のページが、

そのときの自分とリンクする言葉が載っていたりして、

いい気持ちになったりします。

 

この日々の言葉を読むためにページを開くだけという使い方も素敵だと思います。

 

 

ほぼ日手帳の使用例

ほぼ日手帳の使い方は人それぞれですが

やっぱり日々の予定を書くことが一番多く使われてる方法でしょう。

 

それと日記。

日記なんてどうせ「三日坊主で続かないよー」なんてなりそうな人はとりあえず

「食事」と「天気」を書くようにしましょう。

これなら毎日書けそうでしょ?

 

ベッドに入った時間や起きた時間等も書くだけでも楽しめます。

それに加えて日々の出来事である仕事のことも遊びのことを書いてみましょう。

仕事上で困ったことや笑ったこと疑問なこと、友人とでかけたことや飲み会、絵日記、

好きなアーティストのコンサートや買い物したリスト、家計簿としてなど

スペースを広く採用しているこの「ほぼ日手帳」に書くことは無限大です。

 

 

ほぼ日手帳を買いに、いざロフトへ

 

以上、紹介したほぼ日手帳は全国のロフトで販売されています。

 

ロフトが近所に無いなんて方もパソコン、

携帯電話のほぼ日ストアでも通販することができますよ。

 

手帳売上ランキング4年連続1位この手帳、

一度活用してみるべきかもしれません。

 

ちなみにほぼ日手帳の公式ガイドブックなんて商品もあります。

ほぼ日手帳は製作者やユーザーを巻き込んで多くの人から愛されています。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

12?12????NEWS