かぶの葉のレシピ|かぶの葉で作る料理

魅力的な「かぶの葉」

郷土料理や、家庭料理の中には

根菜類として有名な大根の葉を使った料理がありますね。

かぶの葉にもそんなレシピがあるのはご存知でしょうか?

かぶの葉は、たくさんの栄養素を含んでいます。

カロチン、ビタミン、鉄、カルシウム、カリウムそして食物繊維。

緑黄色野菜の一種というにふさわしいラインナップです。

 

少しアクが出るのが欠点ですが、新鮮なうちにゆでて保存しておけば、

そんな欠点が改善されるほか、甘味も増すというから、おどろきですね。

大根の葉は、スーパーなどでは切り落とされて売られていたりするものですが、

かぶの葉は、切り落とされずに売ってあります。かぶの料理を作ったときに、

サイドメニューとしてかぶの葉を使った料理を作ると、食卓もにぎやかになります。

 

 

「かぶの葉」の旬

春の七草のなかに、かぶらというのがあるのをご存じですか?

かぶらとはたくさん種類があるかぶのうちのひとつです。

 

スーパーで、春の七草をひとまとめに売っている場所に遭遇すると、

葉っぱの中に、ひとつだけ、白いかぶが見えるのを思い出してみてください。

 

種類がたくさんあるので、旬の季節はまちまちですが、

春の七草で七草粥を作る日を含む11月ごろから、3月までが

一般的なかぶ、それから、かぶの葉の旬なのです。

 

かぶの葉は、一度かるくゆでた後、冷凍保存ができる食材ですので、

そういった意味では、かぶ自体よりも、使える時間が長いかもしれません。

基本的に、かぶは買った後、葉を切り落とさずに置いておくのは

かぶの根の部分つまり、かぶ本来の部分に良くないので、

かぶの葉を切ったついでに軽く茹でておき、

冷凍保存するか、何かの料理に使うことをお勧めします。

 

 

「かぶの葉」を使ってみよう!

最近、私がはまっているのは、ふりかけです。

というのも、ふりかけは、料理に彩りをあたてくれるアイテムだから。

和食で、メインにお味噌汁に白ごはん、それだけだと少しさみしい時だってありますよね。

 

先ほどの新鮮なうちにゆでて甘みを出した、

かぶの葉をみじん切りよりも少し大きめに粗切りします。

そして、あとは、お好きな具材を混ぜるだけ!!

お勧めは、のりのみじん切りとちりめんじゃこですかね。

そこに隠し味で味の素を少々加えてみるとなお良いといった感じでしょうか。

 

そのほかにも、ほうれん草を使ったお浸しと同じ要領で、

かぶの葉のお浸しを作ってみるのも面白いかもしれません。

ぜひ、いろいろなことにかぶの葉を使ってみてくださいね。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

11?20????NEWS