つくばマラソン|歴史を持つ市民マラソン

つくばマラソンの歴史

現在ではいろいろな都市で、市民が主催するマラソンというものが開催されています。

その中でもつくばマラソンは、屈指の歴史を持った大会です。

つくばマラソンは、2008年で28回目を今年で迎えることがなりました。

また、読売新聞がつくばマラソンの主催者に名を連ねていることからも、

この大会の大きさがわかります。

 

つくばマラソンは基本、だれでも参加することができます。

インターネットなどでつくばマラソンのエントリーフォームがあります。

ここに必要事項を記入し、そして参加料を支払えばOKです。

 

参加料については、距離によって違ってきます。

距離はフルマラソンと10kmコースがあります。

フルマラソンに参加する場合には4000円、

10kmコースの場合には3500円の参加料を支払えばエントリーは完了です。

 

ちなみに2008年のつくばマラソンはすでに終了しています。

しかし、つくばマラソンは2009年も開催予定です。

2009年大会は11月22日に開催される予定になっています。

 

 

つくばマラソンのコース

つくばマラソンのコースはどのようになっているのでしょうか?

まずスタート、ゴール地点はともに筑波大学のグラウンドになっています。

筑波大学までは最寄りの駅からも徒歩で20分程度かかります。

 

そこで、つくばマラソンでは駐車場を用意しています。

駐車場は全部で4か所用意されているので、

車で来場しても、困ることはないでしょう。

 

またつくばマラソン当日にはバスも運行しています。

有料ですが、シャトルバスという形式をとっているので、

確実に目的地に着くことができます。

 

そしてコースですが、フルマラソンのつくばマラソンにエントリーしている場合には、

高エネルギー研究所や今鹿島中学校を見ながら進んでいくというコースになります。

10kmコースは、筑波大学を中心として、その周囲をぐるりと回るというコースをとっています。

 

 

つくばマラソンの注意点

このようにつくばマラソンでは、市街地を走るという形式になっています。

このため、つくばマラソンは交通規制をする必要が出てきます。

 

つくばマラソンでは、9:30〜13:30までの間を交通規制を行っています。

具体的にはつくば真岡線、北部工業団地、藤沢真里線の一部が

つくばマラソン中は通行止めという形になります。

 

また、筑波大学の構内道路については朝の6時から午後3時半まで全面的に通行止めになります。

しかし、筑波の市民がボランティアとして全面的に協力をしてるため、

大きな問題にはなっていません。

このことは、つくばマラソンのウェブサイトにアップされているつくばマラソンの写真を見れば一目瞭然です。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

10?19????NEWS