お歳暮の時期|お歳暮を贈る時期を間違えていませんか?

お歳暮の時期がやってきました

とは言っても、皆さんはお歳暮の時期をきちんと知っていますか?

 

お正月のお祝いの準備を始める日を「事始め」といい、

お歳暮はその準備のたしにしてくださいという意味を込めて始まった風習なんです。

ですから、その事始めの日に合わせて送るのが、

歴史を考えたうえでは最も正しいお歳暮です。

 

しかし、これには若干の地域差があるようです。

関西ではこの「事始め」という歴史的な意味を重視するようで、

12月の後半がそのお歳暮の時期に当たります。

関東では、「事始め」という風習はあまり意識されないようで、

12月に入ればいつでも、送り側も受け取る側もお歳暮として

もののやり取りができるという風習に変わってきています。

 

少し注意が必要なのは、関東にしても関西にしても、

このお歳暮というのはお正月の準備のためのものであるので、

12月26日を過ぎると寒中見舞いという意味合いを持つようになります。

 

確かに、もう、お正月の準備があらかた終ってゆっくりしようかという時に

たくさんのものが送られてくるのもちょっと考えものですね。

 

 

お歳暮のマナー

お歳暮は日ごろお世話になっている人に対する感謝の気持ちを表すもので、

お祝いで贈る贈り物とは違います。

基本的には目上の人、世話になった人に贈るのが普通なので

あえて、お返しはモノではなく、礼状を丁寧に書くことがマナーです。

また夫婦のあり方というものが現在変わってきているとはいえ、

今でもお歳暮の手筈を整えるのは女性の仕事であることが多いです。

たとえ、夫の名前からきたお歳暮にも、

その贈り主の妻である女性に対して一言付け加えるのがいいかもしれません。

 

そして、男性あてに特に結婚している男性あてに礼状を書く場合は、

女性が代筆で書いたとしても、「代」という文字をつける程度にとどめ、

女性個人の名前で出すのはあまりよいことではないようです。

 

私は物心がついたときはすでに、

お歳暮の時期になると…両親がお歳暮を受け取るがわで、

母親がよく礼状を書くのに苦労していた姿を覚えています。

日本の風習がだんだんと薄れてきている今ですが、

日本独自の風習を少しでも将来に残していきたいものです。

 

 

もらってうれしいお歳暮とは?

社会人になるとお歳暮を贈る必要が出てきますが、

何を送るのかというところで少し戸惑うことも多いのではないでしょうか。

お歳暮の時期になると、

ネットで検索すればランキングを見つけることができます。

 

日本最大級のショッピングモール、楽天ショッピングで検索してみると、

良いものがみつかるかもしれません。

 

上位を占めるのは商品券やよく耳にする「選べるギフト」などのようです。

確かに、ものを特定するよりも相手にある程度の選択権を与えるやり方のほうが、

送り手も贈られた側も楽なのかもしれませんね。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

5?26????NEWS