リボンの結び方|リボンを正しく結んでプレゼントを渡そう!

リボンを結んで心のこもったプレゼントを

リボンを結んだ箱に入れて、

プレゼントを上げる機会というのは、誰にでもありますよね?

誕生日やクリスマスは、大切な恋人や、中の良い友達に、

プレゼントを渡す機会があると思います。

 

プレゼントといえば中身も重要ですが、

実は包装も重要なんですよ!

包装やラッピングなんてすぐに捨てられるイメージもありますが、

その人の心のこもった包装は実にうれしいものです。

 

最近ではプレゼントを買ったときにお店で

リボンで包んでくれたりしますね。

ですが、心をこめて自分のオリジナルのラッピング

素敵ではないでしょうか。

 

クリスマスに向けて自分なりにアレンジしたラッピングを

研究するのも良いかもしれませんね。

 

でもリボンの結び方とか分からないし・・・

とはいえ、いきなりオリジナルの包装というのも難しいものです。

一番一般的なもので、「リボン」がありますが

蝶々結びぐらいしか知らない方も多いかと思います。

 

もちろん適当に結んで渡してしまっては折角のプレゼントも

台無しですし、かえって失礼になることもあります。

 

そんな方はNHKのテキスト「気持ちを伝えるラッピング」

を参考にしてはいかがでしょう。

 

リボン,結び方,プレゼント,誕生日,クリスマス

 

ほかにも書店にはリボンの結び方やラッピングに関する本が色々とありますよ。

空いた時間に本を読んでぜひオリジナルの包装を研究してみてはいかがですか?

 

もしも自分でラッピングをするのが億劫なのであれば、

有料でラッピングサービスを行ってくれるサービスもあります。

楽天ショッピングで、「ラッピング」と検索してみてください。

 

 

いろんなリボンの結び方でオリジナルのアレンジ

それではいくつか結び方を紹介しましょう。

 

まずリボンのかけ方ですが、長方形のプレゼントであれば

斜めがけは非常にオシャレに見えます。

また、大きなプレゼントも斜めにリボンをかけると

とてもかわいらしく見えますよ。

 

ほかにも十字にリボンをかける方法もあります。

これはよくイラストなどでも見かける一般的な形ですね。

結び方も簡単な蝶々結びでも非常にきれいに包装できます。

 

次に結び方ですが、これは数多くの結び方があります。

一番簡単なもので蝶々結びがあります。

靴紐を結ぶときに使うので知らない方は少ないかと思います。

 

他にも、リボンだけを結んでプレゼントに貼り付けるという方法もあります。

この場合は包装が目立つのでリボンとの色合いや柄などをよく考えて

選ぶことが重要です。

 

また、普通にリボンをかけて結んだ後余った部分を、

ハサミなどではさんでキューッとしごいてあげれば

クルッっとカールしてとてもかわいくゴージャスに仕上がります。

この包装は細いリボンを数本使っていろんな色を混ぜてあげれば

花のように仕上げることもできますよ。

 

ここでは一部しか紹介できませんでしたが、まだまだ結び方はあります。

大切な人の喜ぶ顔を思い浮かべてリボン選びや結び方の研究に

四苦八苦するというのも素敵なものですね。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

10?19????NEWS