酒のカロリー|ビール、発泡酒、日本酒のカロリーとは?

酒のカロリー

「お酒の飲みすぎは太る」という考え方をする人は意外に多いようです。

ビールのカロリーは高いイメージがあるので、

お酒のカロリーも高いと一般的には思われているようです。

ところで、お酒を飲むだけで本当に太るものなのでしょうか?

 

やはり、太る太らないを考えるうえで、

その食べ物飲み物のカロリーというものが、重要なカギになってきます。

実は酒類のカロリーというのは思ったよりも高くはありません

 

また、酒を飲むと、体が火照るような感じがしませんか?

これは、アルコールが体内に入って燃焼しているのが原因です。

ですから、酒を飲んでも、すぐに燃焼されてしまうので、

体内にたまることはまずないといわれているのです。

 

では具体的に、種類別の酒のカロリーについてみていくことにしましょう。

 

 

種類別の酒のカロリー

では具体的に、種類別ではどのような酒のカロリ−になっているのでしょうか?

 

まず発泡酒は格安の酒ということで、

ディスカウントストアーなどで高い人気があります。

この発泡酒のカロリーは約250kcalになります。

 

最近は焼酎もいろいろな種類が出てきていて人気です。

この焼酎に関してもコップ一杯で大体250kcalになるといわれています。

これは大体ざるそばのカロリーと同じだといわれています。

 

また、よく飲むと太るといわれているものに、日本酒があります。

日本酒のカロリーはどのくらいでしょうか?

日本酒はカップ酒一杯飲んでも200kcalにしかなりません。

これは女の人がご飯一杯食べるのと同じくらいといわれています。

 

ぶどう酒も人気があるようです。

このぶどう酒のカロリーは非常に低いといわれています。

そのぶどう酒も100mlで70kcalくらいだといわれています。

これは食パン半分のカロリーしかありません。

 

ただし高カロリーな酒の種類もあります。

例えばラム酒などは、たった30gでも約72kcalあるといわれています。

このように酒の種類によって、カロリーは若干のばらつきがあります。

しかし全般的に酒のカロリーは、適量飲む分には、太る原因といえるほどではないのです。

 

 

酒のつまみ

 

実は、お酒で太ると考えられている原因は、

酒のカロリーというよりも酒のつまみにあります。

 

お酒を飲むと、どうしても口がさびしくなります。

これは、アルコールが食欲を刺激するからです。

酒の肴が欠かせないのはこのためです。

 

また、苦言をしていておかなければならない事が1点。

ダイエット中の人で夜にお酒を飲むと

朝食べないことで、昨日の分を取り戻そうとする人がいるのではないでしょうか?

 

しかし、これは逆効果です。

 

というのも、長時間食べ物を口にしないことで体は一種の飢餓状態になり、

今度摂取したものはできるだけ効率よくため込もうとします。

そのため、反対に太りやすい状態に陥ってしまうのです。

ですから、ダイエット中の酒の飲み方には注意が必要です。

 

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

11?20????NEWS