ステーキの焼き方|おいしいステーキを焼くコツ

ステーキは焼き方で味がかなり変わる

今も昔も変わらない、高級料理の定番「ステーキ

贅沢という言葉を使ったら、最もイメージしやすいのは、

このステーキでは無いでしょうか?

 

ステーキと聞くと、外食だと決めつけがちですが、

家庭でも美味しいステーキを焼く事は可能です。

美味しいお肉を使って、自宅のフライパンやホットプレートを使って、

豪快に焼きあげる。これも、かなり贅沢ですよね。

 

ステーキの焼き方と一言で言っても、

焼き加減などでベストな焼き方は変わってきます。

ご存知の通り、ステーキはレア、ミディアム、ウェルダンといった、

焼き加減によって肉の触感や味が変わってきますし、

食べる人の好みによっても、おいしいステーキの焼き方の定義は異なってくるのです。

 

しかしながら、どのようなステーキを焼くにしても、

おいしく焼くためには、おいしいステーキを焼くコツがあります。

厳密に言うと、飲むワインやかけるソースによっても、

ステーキの焼き方に変化を付けるのがのぞましいですが、

自宅で焼く際には、そこまで気を配る必要がありません。

 

ここでは、今日から使えるステーキを焼く際のコツを、

このページを見てくれているあなたに、こっそり伝授したいと思います。

 

 

ステーキを焼く時のコツ

肉を焼く前には、常温に戻してから焼く!

冷蔵庫からお肉を出して、いきなり焼き始める人がいますが、これはNGです。

肉の中が冷たいと、火をかけても中に火が通りにくい状況になるので、

焼き過ぎてしまったり、中が生焼けになる原因になります。

冷蔵庫からステーキ肉を取り出したら、20〜40分くらいは放置し、

常温に戻してから焼くようにしましょう。

 

和牛の牛脂を使う!

例えあなたの買ったステーキ肉が、国産牛でない安物のお肉でも、

牛脂に和牛のモノを使う事で、驚くほどに美味しくなります。

和牛のお肉を買うとなると、かなりの出費を強いられますが、

和牛の牛脂なら、ちょっとだけ無理すれば買えるレベルですよね?

美味しいステーキを焼くためには、是非とも和牛の牛脂の購入を検討してください。

 

ステーキをひっくり返すのは、1回だけ!

ステーキを焼く際には、何度も何度もひっくり返してはいけません。

ひっくり返すのは、1回のみです。いつ、ひっくり返せば良いのか?

それは、表面に肉汁が浮いてきたタイミングです。

絶妙なタイミングでひっくり返すことで、美味しいステーキが焼き上がるのです。

 

ワインやブランデーを仕上げに入れる!

これはちょっと上級者テクニックですが、

ワインやブランデーを入れると、風味が増してより一層美味しくなります。

ステーキを焼いている途中にワインやブランデーを入れる訳ですが、

入れるタイミングはひっくり返した直後です。

アルコールを入れると、硬いお肉を柔らかくする効果があり、

香りも良くなるので、硬いお肉を焼く際は挑戦してみてください。

 

 

牛肉以外のステーキ

ステーキと言うと、牛肉を想像してしまいがちですが、

実は牛肉以外にもステーキとしてレシピ化されています。

色々な種類のステーキがありますが、中でも有名なのは…

 

  • マグロのステーキ
  • 豚のステーキ(←ブタテキなんて呼ばれてますね。)
  • 鯨のステーキ
  • 鳥もも肉のステーキ

 

などなど、探せば色々出てきそうですね。

まぁ主役はやはり牛肉のステーキでしょう。

美味しいステーキ肉をお歳暮なんかで送ると、大変喜ばれます。

松坂牛、米沢牛などなど、美味しいステーキ肉を安く購入したいのならば、

日本最大級のネットショッピングモールである、

楽天のショッピングモールがたいへんお勧めです。

おいしいステーキ肉が、格安価格で見つかりますよ!

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

??????????????????????????????????????????????????????

 

 

12?12????NEWS