東京大学物語の概要|江川達也の傑作漫画

東京大学物語の概要を語る

東京大学物語は20代後半の男なら、

誰しも知っている江川達也が描いた青年コミックである。

小学館・ビックコミックスピリッツに1992年から2001年まで連載され

1500万部を超える大ヒット漫画となった。

 

東京大学物語は、恋と性に悩む若者世代を魅了し、

思春期の恋愛バイブルとしてコミック史に金字塔を打ち立てた作品であろう。

 

初期の展開はプラトニックな恋愛が描かれていたが、

物語が進展していくにしたがって、

急激に過激な性描写が現れ、前面に押し出されてくる。

 

男の悲しい嵯峨なのかもしれないが、

そこが東京大学物語が多くの男たちの心を鷲掴みにした部分なのだろう。

 

テレビドラマ化

 

この東京大学物語テレビ化されるということで、

友人と楽しみにしていた覚えがある。

しかもキャスティングが、

村上春樹役に稲垣吾郎、水野遥役に瀬戸朝香ということで、

どんなエロシーンが見られるのかとワクワクしたものだ。

世間もそこを期待したようだ。

稲垣吾郎の村上役は外見にマッチするということで、

ファンからも評価は高かったが、瀬戸朝香の遥役は賛否両論であった。

中身のストーリーは、高校時代の内容で、

村上が東京大学を落ちてしまうところが最終回である。

漫画の東京大学物語をテレビドラマで再現するのは難しかったのだろう。

 

アニメ化

 

東京大学物語はアニメ化にもなり、

声優には酒井若菜、井上和香、磯山さやかと豪華アイドルが登場。

このアニメ化を知っている人は、意外と少ないかもしれない。

 

 

映画化

 

この、東京大学物語の映画化に関しては、

ファンの間ではかなり評価は高かったのではないだろうか。

 

なにしろ、原作者の江川達也が監督を務め、

そして、主人公のカップルを演じ、体当たりの熱演を見せたのは、

水野遥役にグラビアアイドルとして活躍、女優としても期待される三津谷葉子。

 

村上直樹役に人気ドラマ「ウォーターボーイズ」「白夜行」や、

映画『恋文日和』などで注目を集める田中圭。

 

さらに波岡一喜、範田紗々、不二子、渡辺奈緒子ら、

フレッシュで豪華なキャストが顔を揃えた。

テレビドラマ化時で批判された熱い恋愛描写も映画版では炸裂した。

 

 

恋愛バイブルである本作の主人公・水野遥は、

村上直樹をひたむきに、一直線に愛しぬく。

 

約束を破られても、嘘をつかれても、浮気をされても、

「それが村上直樹という人だから」とひとりの人間として深い愛情を向け続ける。

 

水野遥はバイブルにふさわしくマドンナと呼べるのかも知れない。

マドンナのような女性が掴む愛、そこに満ちる幸せとは何なのか。

男と女の本物の恋愛模様が紡がれている。

 

学生時代に夢中で読んだ東京大学物語。

しかし、再度大人になって分かる、悲しいけれど幸せで、嬉しいけれど切ない、

リアルで尊い愛が、東京大学物語にはあるのかもしれない。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

??????????????????ad?????????????????????????????????????????????????????????

 

 

12?12????NEWS