灯油の配達|エネオスやコスモ石油の灯油配達サービス

灯油は寒い冬の必需品

寒い冬には欠かせない暖房器具。

石油ファンヒーターはすぐに暖かい風が出てきて必需品ですが、困るのが灯油

持ち運びが非常に重いし、寒い中でていくのも面倒くさい・・・・

そんなあなたに、灯油配達サービスをご案内しましょう

 

 

うれしいサービス 価格と内容

灯油配達とはその名のとおり、

電話一本で灯油を各家庭に届けてくれるうれしいサービス。

出光コスモ石油エネオスなどのガソリンスタンドの灯油配達サービスはもちろん

生協などもコープの灯油配達としてサービスを行っています

コープの場合は定期配達で、留守の場合でも給油をして帰ってくれるので

気がついたら灯油がない!なんてことはなさそうですね。

 

ただ、気をつけたいのがこの灯油販売サービス、

灯油の消費が多い地域は殆どの導入されていますが

 

大阪など関西方面でのガソリンスタンドでは、

灯油配達サービスがないところもまだあります。

最寄のガソリンスタンドや石油店が、

灯油配達サービスを導入しているのか事前に確かめる必要があります。

 

もし、最寄で灯油配達サービスがなければ・・?

そのかわりに「灯油の移動販売」を行っているガソリンスタンドや石油店がおおいでしょう。

♪ゆ〜きやこんこ♪など、季節感たっぷりのBGMとともに販売者が巡回します。

 

販売者を見かけたら声を掛け、販売してもらうのです。

こちらは欲しいときにすぐに…というわけにはなかなかいきませんので、

灯油配達に比べると少し不便なように感じてしまいますね。

さて、気になるお値段ですが18リットルに対し、

店頭価格の全国平均が1674円であるのに対し

配達価格は1806円と126円高くなります。(2008年11月10日現在)

その126円を高いと見るか安いとみるか・・はあなた次第ですね

 

 

灯油配達サービス・価格の今後

今はスピードの時代。

灯油配達においてもそのサービスのスピーディーさが求められてきます。

灯油が切れたのに明日まで灯油が配達されない…などということになってしまうと、

せっかく配達を依頼した意味がなくなってしまいます。

出光では地域により「デリコール」と呼ばれるセンサーで、

灯油残量を自動チェックするシステムを導入。

 

センサーの信号が自動的に監視センターへと転送され、灯油配達車に知らせます。

灯油の残量を毎回チェックしなくてもいいシステムです。

また、消費税ポイント還元や500円分サービスなどなど、

灯油配達店によってそれぞれ独自のサービス展開しているところも少なくありません。

 

価格によって選ぶのか、サービス内容によって選ぶのか…

ここのライフスタイルに合わせて灯油配達サービスを賢く利用したいものですね

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

??????????anchor]???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

12?12????NEWS