焼きそばの作り方|ソース焼きそばの美味しい作り方

焼きそばの作り方は日本人の常識

焼きそば…それは日本人のB級グルメの代表格。

焼きそばの作り方はとっても簡単なので、焼きそばの作り方を知らない人は、

あまりいないのでは無いでしょうかね?

もはや焼きそばの作り方は、日本人の常識だとさえ言えます。

 

高級料理店に出ることは少なくても、大衆からのその人気は常に安定していて、

いつの世も私たちの胃袋を満たしてくれています。

 

焼きそばにも色々種類があります。

ソース焼きそば、五目あんかけやきそば、塩焼きそば、かた焼きそば…

はたまたマルチャンや日清のUFOでおなじみの、カップ焼きそばなんてもの、

最近は人気なようです。

 

カップ焼きそばの麺は独特の触感を持っているので、

焼きそばというよりは別ジャンルの食べ物と認識している人も多いかもしれません。

 

 

自宅でおいしい焼きそばの作り方

フライパンでは無く、鉄板(ホットプレート)で!

おいしい焼きそばの作り方を実践するためには、

適切な調理器具を選ぶことから始まります。

フライパンで作るよりも、ホットプレートを使って焼いた方が、

まんべんなくソバを焼けるので、

油でベトベトしない美味しい焼きそばとなります。

 

野菜の水分に注意
焼きそばと言えば、たっぷりの野菜を入れて食べるイメージですよね?

確かに、キャベツを代表とした野菜を入れると格段に美味しくなりますが、

野菜を入れる際はその野菜が出す、水分に注意してください。

野菜の水分を多く麺が吸ってしまうと、

べちょべちょの美味しくない焼きそばが出来上がってしまいます。

自宅の環境で作るなら、麺と野菜を別々に焼くのも1つの方法ですね。

 

一度に焼くには、1〜2人前

自宅で焼きそばを作る際に、注意して頂きたい最後のポイントは、

一気に麺を入れ過ぎない!ということです。

1〜2人前ずつ、ホットプレートで焼きましょう。

本格的な鉄板があれば問題ないのですが、ホットプレートの場合、

一気に麺を入れると、プレートの温度が著しく低下してしまうためです。

これが原因で、美味しさが吹き飛んでしまします。

おいしい焼きそばの作り方に沿って作るなら、少しづつ作りましょう。

 

 

おいしい焼きそばで有名なところ

焼きそばが有名なところは、日本に数か所あります。

いわゆる、ご当地焼きそばというやつですね。

 

秋田名物…横手焼きそば

秋田では、甘口ソースの横手焼きそばが有名です。

三大ご当地焼きそばの1つでもあります。

 

群馬名物…太田焼きそば

とってもシンプルな焼きそばです。

太い麺を使ったオーソドックスな焼きそばですが、

なぜか美味しい。各お店によって味に個性が出ています。

 

静岡名物富士宮焼きそば

日本で一番有名な焼きそばと言っても過言では無いでしょう。

富士宮焼きそばは、メディアにも多く取り上げられれています。

蒸さないことでコシを強くしたり、肉カスと呼ばれる、

独特の食材を使う事で知られています。

過去に、B−1グランプリの初代王者に輝いた実績を持っているのも、

この富士宮焼きそばです。

 

 

焼きそばのカロリー

 

焼きそばのカロリーって、どれ位か知っていますか?

焼きそばの作り方は知っていても、カロリーは知らない人、

多いのではないでしょうか?

 

焼きそばを作る時、油でかなり炒めるので、

カロリーが高いのでは?と思う人もたくさんいるでしょうね。

しかしながら焼きそばのカロリーは、作り方にもよりますが、

一人前で大体500〜600カロリーと言ったところです。

 

油を使っている割には、そこまで高いカロリーでは無いですよね?

これは女性には嬉しい情報かもしれません。

 

 

??????????????

 

 

20?STUDY ??????

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

10?19????NEWS